小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

ストーリーの肉付け、もっとプロットを詳細にするにはの返信の返信の返信

元記事を読む

ストーリーの肉付け、もっとプロットを詳細にするにはの返信の返信(元記事)

でグチャっと粗筋
====================
①、
主人公Aは父のような立派な騎士になるために騎士要請の学舎「ナントカ」に入り「ナントカの学園騎士」になる。

だが体格に恵まれなかったAは、重すぎる剣や鎧に振り回されてばかりでイマイチ大成せず、騎士用の馬の世話とか卑怯者の技術といわれる受け流しばかり上達する「落第騎士」。

しかも主人公には厄介な体質ーーーー集中するとなんかやたら周りのものを異常に熱くさせるーーーというものがあり、騎士用の金属鎧で火傷しかけて注意散漫になったり、余りの熱さに剣を離してしまったりするため。仮試合や下級生の女騎士にすら勝ったことが無い「不勝」の「落第騎士」だった。


敗者の罰として毎度ながら全学年の馬舎(うまや)の掃除をして「馬舎の主(笑)」とか呼ばれつつ「いつか勝ってやるー」と愛馬に愚痴って暮らしていAに学園一の有名人である【姫騎士】が、Aの愛馬に威嚇(いかく)されながらも話しかけてくることで、事態が動く。

姫騎士は【Aは「不勝」ではあれど決して致命的な怪我は負ったことはない、たとえ見下されても卑屈になることなく馬舎を美しく保ち、合間に自主訓練をしている。不屈(ふくつ)の精神を持つ、志(こころざし)が高い立派な騎士だ】

とAを褒め、その上で卒業のための腕試しの討伐パーティーの一枠にAを勧誘してくる。

Aもまた【姫騎士】を尊敬していたので光栄だと快諾(かいだく)する。

行軍に同行するも、やはりうまくいかないA。
戦闘では役立てる気がしないAは愛馬を姫騎士に貸したり(馬相手に土下座して3時間ほど懇願したら渋々愛馬が折れてくれた)仲間騎士のアシストしたり、荷物持ちや寝ずの見張りを買って出たりするが、その卑屈な姿に騎士仲間が不快感を覚えてしまう。「そこまでして姫騎士様や俺たちに媚びるとか・・・プライドが無いんだな、お前」とか言われても姫騎士の言葉を胸に耐えるA


ギスギス感はあるものの無事、行軍の終着点について討伐対象モンスターを倒し、帰還しようとするが、地面が崩落。姫騎士とAの2人だけが洞窟(もしくはダンジョンの下層)に落ちてしまう。

上にいる騎士仲間の前では気丈に振る舞い、「あまりに深いためパーティーは一時分割する」「上の仲間は脱出のために救助を呼んで欲しい」と伝える姫騎士だったが、落ちた場所はモンスターが大量発生していたため、その場で救助を待つことができず、洞窟の奥に潜る羽目になる。

敵の強さに本格的な危機を抱く2人。Aはサバイバルモードに気持ちを切り替えて、重い剣や鎧を捨てたり、荷物を工夫したり、封印していた卑怯技「受け流し」や「気配隠し」を駆使して足掻(あが)くが、あまりの緊張状態に姫騎士は自暴自棄になりAに当たり散らす。
【Aみたいな無能を仲間に誘うんじゃなかった】【そもそもAを誘ったのはAの愛馬が目当てだった】【あの馬さえ手に入れば不様(ぶざま)で恥知らずな「不勝の落第騎士」なんて用なし】【せいぜい馬舎番がお似合いよ、あんた騎士に向いてない】【父みたいな騎士にとか言ってるけど、あんたみたいな子供が息しているだけで親不孝だ】
さんざん罵(ののし)ると姫騎士は独り脱出経路を探しに行ってしまう。

A「予想はしていたけど、さすがに堪(こた)えるなぁ・・・・」

愛馬がやたら姫騎士を嫌う動作をいたので、姫騎士が愛馬狙いであることにAは気付いていた。

ストーリーの肉付け、もっとプロットを詳細にするにはの返信の返信の返信

投稿者 読むせん 投稿日時: : 0

愛馬は最初こそ死にそうな未熟児だったがAには勿体(もったい)ないほど立派な馬に育った。そのため何人もの騎士がAから愛馬を奪おうとしたが、他ならぬ当の愛馬が拒絶し、最近は愛馬狙いの気配を感じたらすぐ威嚇(いかく)するようになっていたのだった。
A、立ち尽くすが、姫騎士が消えた方から洞窟を揺るがす咆哮(ほうこう)が聞こえたため慌ててそちらへ向かう

太陽光が指す洞窟の裂け目。登れそうな岩肌がのぞいているが、その前には大きなヘビと姫騎士が交戦中だった。

A、姫騎士と共闘してヘビを倒すが、どうもヘビの正体はヒドラだったらしく、ヘビの頭が分裂してしまい姫騎士が行動不能になる

自分を囮に逃げろという姫騎士にAは拒絶。単身で双頭のヒドラと戦う

A、ヒドラとの戦闘中に「熱くさせる」能力を意図的に行使することを覚え。剣を赤くなるまで熱し、ヒドラの傷口を焼いて戦う。(鎧を脱いでいたため、太陽光チャージが可能に)
Aは肉が焼ける臭いと手が焼ける痛みに狂いながら戦い抜き、ヒドラが全身火傷を負ってとうとう倒れた時、Aは安心して気絶する。

④、
ここからは後日譚(ごじつたん)になる。
賢い愛馬は伝令役の騎士を乗せ、おそらく夜通し駆けて救助を呼んでくれた。
大量のモンスターに追われて逃げたことを念頭に入れつつ、完全防備の備(そな)えをした救助の手はわずか4日で洞窟にたどり着いた
そこのあったのは瀕死の二人と、多くの火傷を負い、こと切れたヒドラ。
まだ見習い騎士でありながらヒドラという【竜種】を打ち取った二人は称賛を浴び、特に姫騎士は、なんか豪華なご褒美もらう(Aの領地とか下賜(かし)される)。
一方のAは退学が決まる。

(後日譚風終了)

そのことを知った姫騎士が慌てて主人公のもとに向かい問いただすが、Aは笑って言う
焼ける剣を握りしめていたため、手指が剣に癒着してしまい、どうにか剥がしたものの握力のほとんどを失い、もう重い騎士剣は持てない事。

さらにAの父は先の戦闘でなくなっており(姫騎士の父の団員だったとかにする)、母は昔に亡くなっている。一人息子だったAが騎士爵をつがねば国から賜(たまわ)った領地を返さねばならず、この腕では絶望的だから領地を返納した事(その領地名から姫騎士がもらった領地だと◎)

ヒドラとの戦いも、洞窟に落ちた時も、姫騎士の言葉があったから騎士としての誇りを守れたし、諦めずに生き残れた。女だてらに重責に耐え、皆を鼓舞(こぶ)し続けるあなたを尊敬する。だから、これからも姫騎士には頑張って欲しいと告げる。

姫騎士は絶句。
彼女は「落第騎士」すらも見捨てることなく単身ヒドラを倒して連れ帰った「希望の姫騎士」といて学園のシンボルとなり、一方のAは「足を引っ張った卑(いや)しい恥さらし」として騎士としての生命も評判も実家すらも失い、独り学園を去ると噂になっていた。

さらに実はヒドラは冬眠状態だったのを、功績めあてに姫騎士が攻撃したせいで戦闘になったとかだと尚(なお)いい

だがAは割と清々しい気持ち。
間違いなくヒドラは倒したし、姫騎士を守り抜いた。
ついでにどうにも自身には騎士が向いていない事を自覚しながら父への想いや領地への執着から騎士に固執していたが、怪我で諦めもついた。

何もかも失ったが、全ての呪縛(じゅばく)から解放された気持ちのAは微笑みながら学園から踏み出してゆく

こっからAが魔法使いデビューしたり、学園に残してきた愛馬が追っかけて来たりの長編向けになる(笑)

================================
で、だいたい内容わかる?説明が意味不明なところない?

カテゴリー : ストーリー スレッド: ストーリーの肉付け、もっとプロットを詳細にするには

返信する!
コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「ストーリーの肉付け、もっとプロットを詳細にするには」の返信一覧

他の相談一覧

既存のキャラと似ているかもしれない件について

投稿者 一方通行 回答数 : 16

投稿日時:

今、MF文庫に投稿するべく作品を書いているのですけど、 その中で出てくる一人のサブヒロインがとある魔術の禁書目録に出てくる、御坂美... 続きを読む >>

限りなくリアルで普通(マジョリティ)に近い高校生の実態を知りたい

投稿者 怒髪天 回答数 : 3

投稿日時:

限りなくリアルで普通(マジョリティ)に近い高校生活 (現代もの)が書きたいです。しかし、高校時代のことはあまり記憶にないのと、怒髪天... 続きを読む >>

あらすじの相談

投稿者 柊木なお 回答数 : 19

投稿日時:

お疲れ様です。 以前相談させていただいたネタでミステリー風の中編に取り組んでいるのですがいまいち筆が乗らないので、ちょっと気分転換... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ