小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

なぜ説得力のある世界観設定を作るのはこんなにもおっくうなのかの返信の返信の返信の返信の返信

元記事を読む

なぜ説得力のある世界観設定を作るのはこんなにもおっくうなのかの返信の返信の返信の返信(元記事)

再訪ありがとうございます。

専用武器なら世界観のバランスを壊さないで済みますね。
銃は剣と魔法を駆逐し兼ねない強武器なので、ベアトリクスだけ使えるようにしておけば問題はなくなるかもしれません。
サタン様が挙げた理由のほかに世界に一つしか存在しない理由としては、魔弾みたいに悪魔からもらったってことにすることもできなくはないでしょうか(あれはデメリットもある契約ですが)

・余談について
言われてみれば犯罪都市にサラリーマンがいるってのもおかしな話でしたね。
今更こんなことを言ったら怒られると思うけど、ブラックラグーンは未読なんです。ただ有名な作品と被るのが嫌だなと思ってリサーチしていただけで(汗)
整合性を遵守しすぎるのも良くないってことですね。参考にさせていただきます。

なぜ説得力のある世界観設定を作るのはこんなにもおっくうなのかの返信の返信の返信の返信の返信

投稿者 サタン 投稿日時: : 2

>魔弾みたいに悪魔からもらったってことにすることもできなくはないでしょうか(あれはデメリットもある契約ですが)
問題ないと思いますよ。例えば「武器に変化できる悪魔」という設定で、ベアトリクスの要望に応えるうちに銃のような形状になった、とすれば形状は結果論でしかないとなるでしょう。
剣から槍、槍から弓、弓から銃、ミサイルもろもろ。武器の進化に求められる要素のうち共通するものは「敵の攻撃が届かない、より遠くから・遠距離から」という事ですから、ファンタジー世界でも銃器のようなモノが求められることは自然でしょうし。
つまり「銃器のようなもの」という発想自体は異世界だろうと不自然ではありません。その際の問題は「銃器のようなものを実現可能かどうか」ってことなので、それを解決できるモノなら何でもいいと思います。

でも、ハッキリと偉そうな事を言ってしまうと、スレ主さんの場合はそういう設定を詰め込むような解決方法は止めたほうが良いと思う。
ただの武器の設定であって、物語の核になる設定じゃないんだから、デメリットのある契約とか考えず一言で解決できる、ぶっちゃけ適当な設定のほうが良い。
どこぞの遺跡で見つけたとか、数世代前の親族が異世界人だったとか、そうすると「じゃあ弾丸どうすんの?」って疑問があろうけど、そういうのも適当に辻褄合わせりゃいい。
例えば銃器に時間逆行の魔術がかけられていて、数時間ごとに数時間前の状態にする=劣化しない・弾丸が入ってる状態に戻る。とか。
読者が興味を持つのは、その銃器の設定じゃなく銃器を持ってるキャラクターの活躍なので、そんなに難しく考える必要はないんですよ。
まあ、問題は完璧で納得できる設定でないと作者がモヤモヤして執筆できない、ってことではないかと思うけども。

カテゴリー : 設定(世界観) スレッド: なぜ説得力のある世界観設定を作るのはこんなにもおっくうなのか

返信する!
コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「なぜ説得力のある世界観設定を作るのはこんなにもおっくうなのか」の返信一覧

他の相談一覧

小説の書き方

投稿者 黒々 回答数 : 8

投稿日時:

自分はキノの旅やしにがみのバラッドのような短編の小説を書きたいなと思っています。どうしても長編は苦手なので 特にしにがみのバラッド... 続きを読む >>

名を残さなければいけないという強迫観念

投稿者 甘粕 回答数 : 10

投稿日時:

だんだん質問を繰り返している内に、今書いている作品は破り捨てたくなるわ、どうすればいいのかわからなくなってきました。 私は小説... 続きを読む >>

戦記ものの視点

投稿者 しょしんしゃ 回答数 : 6

投稿日時:

お世話になります。 初めて質問します。 戦記ものの視点は神視点でも良いのでしょうか。 銀英とかを見ると、必ずしも視点が固定され... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ