小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

書ける題材の幅が狭まっていく (No: 1)

スレ主 甘粕 投稿日時:

これは私自身の気質が関係しているのかどうかは分かりませんが、年々書ける題材が限られてきています。

特に残忍な出来事だったり、エロ的な描写などが年々書くのも何かの拍子で見たり聞いたりする事も無理になってきてしまいました。(地雷っていうのでしょうか、こういうのは)

現実でこうした出来事が起こるのが嫌、もしそんな事になったらどうしよう、という強迫的なところが原因にもなっています。

一度不安になってしまうと、急激にその対象物を遠ざけたり、データを消したり、距離を取り始めたり色々と極端な行動に出ます。(創作、ではなく、現実における想像力が働かない障害があります自閉症スペクトラム傾向ありです)

そういう強迫や障害的な側面が影響して書ける題材が狭まってきているのではないかと思っています。

この掲示板にいる人の中そうした事を思ったりした事がある人はいますか? そうした場合どの様に対処していますか? また過去そういう特徴を持った作家さんなどはいたりしたのでしょうか?

以上の二点が質問になります。
助言頂けると幸いです。

カテゴリー: やる気・動機・スランプ

この質問に返信する!

書ける題材の幅が狭まっていくの返信 (No: 2)

投稿者 サタン : 2 No: 1の返信

投稿日時:

うーん。どうなんだろう。
私はエロにもグロにもまったく問題ないのですが、感性の変化ってのは他人事ではない問題だと思います。
流行が面白くないと感じてしまったら基本少年向けのラノベを書いてる身としてはめちゃくちゃ焦りますよね。

私の場合は、ソレの何が良いのかを理解するってのを頑張りましたね。
ようは、例えばエロにしても、その演出で読者が何を感じ取って面白いと思ったのかが問題なわけで、別にソレさえあればエロでなくとも良いわけだしさ。
もちろんこれは答えは一つではなくて、状況によって違うから答えを出しておわりではなく、代替品を扱えるセンスを身につけるまで頑張るわけですが。
なので、最初に自分はエロは大丈夫だと書いたけど、けっこうこういう挑戦はちょこちょこしてたりする。
ラッキースケベ的な展開が最適解なんだけど、ストーリーの雰囲気的にあんま下品なのは嫌なんだよな、どうしようかな、というときこうした思考は役立つので。

私はジジイになってもエロくありたいので、エロを切り捨てることはないですが、精神的には思春期男児でも身体的に興奮できなくなるって事もありますからねぇ。
ただ、私は、まあ例えばですが、エロスを表現したいのであって、エロを書きたいわけではないのですよ。
わかりますかね、これ。
エロが書けなくてもエロスを表現できりゃいい。
創作は表現ですから。

えっと、まあ、さっきからエロが見るのも嫌って言ってる人にエロばっか語って申し訳ないのだけど、
例えば古代ギリシャとかの彫刻って、衣服の表現めちゃくちゃ凄くない? あれ石で作ってるって信じられん。それくらい布の表現が半端ない。
あれって、なんであんなに衣服を細かく作ってるか知ってるかな。
アテナだかなんだったか時代は忘れたけど、当時ってエロ禁止で裸婦を芸術で表現することが出来なかった時代があったんだよね。
だから、布と風の表現で身体のラインを想像させるように、あれだけの彫刻技術が生まれた。
裸をダイレクトに彫刻することが出来なかったから、それを想像させるよう布と風のソレを表現したわけだね。

個人的には良い例えが思いついたと思ったのだけど、伝わってないかな。
要するに、「表現」なのよ。
だから、それをダイレクトに書くことが出来ない感性になったとしても、表現自体は布と風で出来るわけ。
スレ主さんの場合はエロとグロが苦手になって、そんで別にそれらが書きたいわけではないと思うけど、
じゃあ、何を表現したいと思ってるのか、というのが問題。
そのための道具が一個二個減ったところで、じゃあ新しい道具を見つけりゃいいし、「表現したいこと」がブレなきゃやりようはいくらでもある。
確かに「表現したいこと」を「エロで表現する」ことは出来ない感性になったかもしれんけど、代替品なんていくらでもあると思うし、題材は減ってないと思うよ。
そりゃアダルトコンテンツを作ってるのにエロが苦手になったってんなら話は別だけどさ。

書ける題材の幅が狭まっていくの返信の返信 (No: 3)

スレ主 甘粕 : 0 No: 2の返信

投稿日時:

彫刻の例えが凄くわかりやすかったです。
私自身は無性愛者の為、エロスの部分が余り理解が出来なかったです(申し訳ありません)

ありがとうございます

作家の健康 (No: 4)

投稿者 ごたんだ : 0 No: 1の返信

投稿日時:

脳科学的な問題だ!
後頭葉と神葉頭の接合部が機能してないのです!
アルファー3脂肪酸や、水々しい野菜を食べて毒を溜めこむんだ!
野菜は、持っているだけで効果がある!

作家の健康の返信 (No: 5)

スレ主 甘粕 : 0 No: 4の返信

投稿日時:

神葉頭なる言葉は存在しないので、側頭葉あるいは葉頭の事でしょうか?
余り何をおっしゃりたいのかよくわからない所がありますが
もう少し書き込み内容を整理していただけると助かります。
健康には気をつけていますよ

書ける題材の幅が狭まっていくの返信 (No: 6)

投稿者 t : 0 No: 1の返信

投稿日時:

数年前にラノベコーナーで高校生が話しているのを聞いたことがあるのですが、 「このラノベは人体解剖するよりももっと、それを〇〇して××するのが良いんだよ」。
たまたま会話を聞いてしまった方としては、生きている人間の口からそんな残酷な言葉が得意気にでてくることに、作家でも関係者でもなんでもないですが。こんな時代になってしまったことに、どこか罪深いものを感じたことを覚えています。
とはいっても、
フィクションである小説や物語に、倫理や道徳を求めるのはナンセンスというのも分かります。

誰も傷つかない話もありますが、普通に書くと物語というのは誰かが不幸になるものです。
その不幸を書かなければならないという問いに対する答えが、残忍なことだったり。
エロについては、いかに文章を読ませるかを追及していった時代に対する答えの一つと思っていて。
手品のタネが分かってくると、なるほどなすごいな、と感心しました。
残忍もエロもそれをどこまで表現するかは書き手次第だということ。
そう考えると、それらの表現が自然と許せるようになりました。

残忍もエロもそれがあるのが問題ではなく、物語の都合上書かなければならない特別な理由があるから採用されていると考えることで、その理由について考えることはなぜ不幸なことの役割とはなんだろうか、エンタメにエロはなぜいるのだろうか。
普段慣れ親しんでいる物語を別角度から検証していくための、良い機会になるのではと思います。

書ける題材の幅が狭まっていくの返信の返信 (No: 8)

スレ主 甘粕 : 0 No: 6の返信

投稿日時:

昔結構残忍でエロも過激なものを書いた事への罪悪感と自分の作品が地雷となった事で結構悩んでおりました。

作品上必要だった、と考えれば楽になるかもしれませんね。

ありがとうございます

そもそも小説の題材の幅は、そんなに狭いものではありません (No: 7)

投稿者 あまくさ : 0 No: 1の返信

投稿日時:

私自身はエロに対する拒否感や偏見は持っていないつもりですが、エロって別にそんなに重要な要素でもないとも思ってます。
エロ要素を入れた方が有利だという考えはあるでしょうが、エロそのものをウリの中心にしてヒットした作品なんて、むしろほとんど無いんじゃないかと。

多くのラノベのラッキースケベ的な要素は、無いよりは有った方がいいから一応入れておくという程度のもの。少なくとも作品を魅力的にするファクターは他に山ほどあることは確実で、そちらを充実させなければヒット作になんかならないことも確実です。

マンガの世界を見渡せば一目瞭然です。なぜラノベではなくマンガで考えるかというと、歴史が長くはるかに多様だから。で、エロ要素・グロ要素ゼロでヒットした作品なんていくらでも思い浮かびますよね?
私的にはエロ要素を中心にヒットして名作を生み出したマンガ家は、永井豪さんくらいしか思い出せません。模倣者は星の数ほどいたでしょうが、すべて忘れ去られてしまいました。
既成作品にヒット要素がある場合、それを冷静に分析して自作に取り入れることは推奨できますが、それだけに頼って他をおろそかにしてしまうのは、結局はダメなんです。

エロやグロが苦手なら、むしろ雑念にとらわれなくてすむくらいに割り切ってしまってはいかがですか?
そこを気に病みすぎて別の雑念になってしまっているのが、一番の問題のように思えます。

そもそも小説の題材の幅は、そんなに狭いものではありませんの返信 (No: 9)

スレ主 甘粕 : 0 No: 7の返信

投稿日時:

確かにウリにしてヒットしたというのは余り聞きませんね。(エロゲだってエロそっちのけになる作品も多いですし)
確かに雑念に振り回される事がないのは快適なものです。

こうした気に病むというのもそうですし
堅物なのかもしれませんね。

ありがとうございます。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

質問者が最優先で、雑談しませんか?

投稿者 読むせん 回答数 : 45

投稿日時:

「イヤ、これあまり創作論とかに関係ないよね!?」 みたいな事を書いたりする時に、気軽に使っていただけたらと思い、建てさせていた... 続きを読む >>

文章から音楽を連想させるには

投稿者 かかか 回答数 : 10

投稿日時:

絵画を連想させる文章が書きたい場合、男が立っていて、鳩が顔を隠している、という風に、絵に描かれた状況を書けば、やりようによってはその... 続きを読む >>

最近の最強主人公には強さの重みがまったくないのはなぜ?

投稿者 橋本梯子 回答数 : 1

投稿日時:

ダイの大冒険には主人公ダイがモンスターから女の子を救い出すが、モンスターを蹂躙する人間離れした強さに女の子が怯えるシーンが存在します... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:書ける題材の幅が狭まっていく 投稿者: 甘粕

これは私自身の気質が関係しているのかどうかは分かりませんが、年々書ける題材が限られてきています。

特に残忍な出来事だったり、エロ的な描写などが年々書くのも何かの拍子で見たり聞いたりする事も無理になってきてしまいました。(地雷っていうのでしょうか、こういうのは)

現実でこうした出来事が起こるのが嫌、もしそんな事になったらどうしよう、という強迫的なところが原因にもなっています。

一度不安になってしまうと、急激にその対象物を遠ざけたり、データを消したり、距離を取り始めたり色々と極端な行動に出ます。(創作、ではなく、現実における想像力が働かない障害があります自閉症スペクトラム傾向ありです)

そういう強迫や障害的な側面が影響して書ける題材が狭まってきているのではないかと思っています。

この掲示板にいる人の中そうした事を思ったりした事がある人はいますか? そうした場合どの様に対処していますか? また過去そういう特徴を持った作家さんなどはいたりしたのでしょうか?

以上の二点が質問になります。
助言頂けると幸いです。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ