小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

真犯人の居ない(事件自体が起きていない)冤罪事件の立証方法は? (No: 1)

スレ主 ドラコン 投稿日時:

 ドラコンです。久しぶりに、コメディーモノで「鉄道が存在する中華風ファンタジー世界での、天性無邪気少女皇后」の話を書きたくなり、下記のスレッドを投稿しました。同スレッドに追記しても良かったのですが、話題が変わるのと、スレッドのタイトルを変えたいので、新規に投稿します。

「中華ファンタジーの過去ネタ焼き直しについて」
https://www.raitonoveru.jp/counsel/novels/thread/13039

 その中で、読むせんさんから、「コオロギ相撲賭博」「蟲毒・呪詛」ネタをいただきました。

 主人公の皇后(銀鈴)の、コオロギ採取・飼育の行動が怪しく見えて、後宮内で「蟲毒・呪詛をやっているのでは?」とのウワサ(ウワサ自体は自然発生的で冗談半分にしても)になる展開を考えています。

 銀鈴の賭博の処罰と、このウワサを否定することのために、皇帝臨席の公開特別裁判をします。その際、「蟲毒・呪詛」の事件自体が「起きていない」ことをどのように立証すれば良いのでしょうか? 『名探偵コナン』でもたまにありますが、創作物での冤罪事件は「真犯人を捕まえる」、言い換えれば「真犯人の犯行を立証することで、自然と冤罪が晴れる」です。現実には、時効で真犯人が不明でも、再審の結果、冤罪と認定されて無罪になることはありますね。

【存在しないこと】を立証するのは難しく、「悪魔の証明」ですよね。

 一応、「蟲毒・呪詛」に関するものはなかったことを示すために、押収した証拠品を傍聴人に見せることは考えています。ですが、身内が身内を裁くから、それに説得力があるのでしょうか? 逆に、「蟲毒・呪詛」を立証するなら、拷問にかけて自白を取れば済むことですが。説得力のある案があれば、ご教示いただけないでしょうか?

ただ、リンク先のスレッドでも書いたのですが、話がどれもこれも「ご都合主義」になりそうなのと、書くこと自体が恥ずかしいので、書こうか、書くまいかの気持ちが、半々です。

カテゴリー: ストーリー

この質問に返信する!

真犯人の居ない(事件自体が起きていない)冤罪事件の立証方法は?の返信 (No: 2)

投稿者 あまくさ : 2 No: 1の返信

投稿日時:

疑わしきは罰せずなので、逆に告発者側に皇后がコオロギを使って蟲毒・呪詛を行おうとしていたということの立証責任が求められるのではないでしょうか?

ただ、物語的には、無邪気にコオロギ賭博をしようとしていただけなのに蟲毒疑惑をかけられてしまうというアイデア自体は面白いですね。
現実的には被疑者が皇后であることへの忖度も含め、門前払いか、むしろ悪質な言いがかりとして告発者の方が有無を言わさず処罰されて当然の案件です。王権は不可侵が近代以前の常識だし。
しかし、宮廷内の権力闘争とか別の思惑もからんで皇后がまさかの容疑者にされてしまい、救おうとする者、陥れようとする者が入り乱れてのドタバタ劇なんて展開に持っていくのが良さそうに思えます。

真犯人の居ない(事件自体が起きていない)冤罪事件の立証方法は?の返信の返信 (No: 3)

スレ主 ドラコン : 1 No: 2の返信

投稿日時:

 >あまくささん
 
 ご意見ありがとうございます。ドラコンです。
 
 もちろん、ドタバタコメディーモノとして考えています。
 
 >ただ、物語的には、無邪気にコオロギ賭博をしようとしていただけなのに蟲毒疑惑をかけられてしまうというアイデア自体は面白いですね。
 
 リンク先でも書いたのですが、「皇后(銀鈴)が蟲毒・呪詛をやっている」とのウワサにするか、「誰がやっているのかが分からないが、後宮内で蟲毒・呪詛をやっている女官が居る」のウワサにするかで、迷っています。後者なら、怪しい空き部屋にでも踏み込んだところで、「皇后がウワサの原因だった」、つまり「盗人を捕らえてみれば我が子なり」の展開のほうがおいしいのかな? とも感じています。
 
 ただ、元のウワサは、「誰かが悪意を持って流した」というより、「自然発生的に大騒ぎになった」(呪術がある世界なので、蟲毒や呪詛には敏感)との感じですね。
 
 現実に起きた事件としては、1973年に発生した「豊川信用金庫取り付け騒ぎ事件」です。同信用金庫に就職が決まった高校生に、同級生が「豊川信用金庫は危ないのでは?」と何気なく言ったことが、いつの間にか「豊川信用金庫が【倒産する】」になってしまい、取り付け騒ぎに発展した事件です。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E5%B7%9D%E4%BF%A1%E7%94%A8%E9%87%91%E5%BA%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6
 
 ついでに、皇后を牢屋に放り込むのは、賭博の見せしめ(コオロギ相撲は構わぬが、多額の現金を賭けるのは見過ごせぬ)と、牢屋に幽霊出現のウワサの調査(皇后本人にはないしょで、囮にする。幽霊除けと偽って、逆に幽霊をおびき寄せる霊符をお守りと称して差し入れる)です。

真犯人の居ない(事件自体が起きていない)冤罪事件の立証方法は?の返信 (No: 4)

投稿者 手塚満 : 2 No: 1の返信

投稿日時:

事件が起こそうとしていない証明が難しいなら、事件を起こしてしまう手があります。ただし、疑われた事件と別の事件になってしまうというものです。

例えば、

1. 主人公が行おうとしたコオロギ賭博で、主人公はせっかくだからと闘技場をそれらしくデザインした(主人公はどこかで見たデザインとおぼろげに思っている)。
2. 虫を隠し持つ主人公に蟲毒か呪詛の疑いがかかり、部屋/賭場を調べられる。
3. 闘技場が見つかり、魔方陣と疑われる。
4. 取調官の調査で、古文書からよく似た魔法陣が見つかるが(1の主人公の記憶の原因)、「二匹の虫を戦わせると」以外がかすれて読めない。
5. そうなってはマズいと大騒ぎになるが「二匹の虫が戦う」アクシデントになる(たぶん、スラップスティック調で話を運ぶのがやりやすい)。
6. 魔法陣+虫バトルで魔法発動するが、すごくしょうもない効果しかない(「お誕生日、めおめでとう!」の文字が浮かび上がるとか)。
7. 「なんだよ、サプライズの準備だったか」で多少のお小言をもらい、読めなかった古文書の補完を褒められてお仕舞。
(8. 主人公はコオロギ賭博がバレなくてホッとするし、引き続きコオロギ飼っても疑う人はいない。)

といった感じです。

真犯人の居ない(事件自体が起きていない)冤罪事件の立証方法は?の返信の返信 (No: 5)

スレ主 ドラコン : 1 No: 4の返信

投稿日時:

 > 手塚満さん

 ご意見ありがとうございます。ドラコンです。
 
 >事件が起こそうとしていない証明が難しいなら、事件を起こしてしまう手があります。ただし、疑われた事件と別の事件になってしまうというものです。

 >6. 魔法陣+虫バトルで魔法発動するが、すごくしょうもない効果しかない(「お誕生日、めおめでとう!」の文字が浮かび上がるとか)。

 これは、「人を呪い殺す術」ではなく、「別のしょうもない呪術」をやっていた、ことにする、ですね。効果はともかく、「呪術をやっていた」は動かさない、とのことですね。

 これなら傍聴人を納得させられそうですね。

ライトノベル作法研究所管理人うっぴー /運営スタッフ:小説家・瀬川コウ:大手出版社編集者Y - エンタメノベルラボ - DMM オンラインサロン

プロ作家、編集者にアドバイスしてもらえる!勉強会で腕を高めあえる!小説で飯を食べていきたい人のための創作コミュニティ。学生には交通費1000円を支給。

真犯人の居ない(事件自体が起きていない)冤罪事件の立証方法は?の返信 (No: 6)

投稿者 読むせん : 1 No: 1の返信

投稿日時:

手塚さんのアイデア好きです(笑)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
呪術は日本だと不能犯で、そもそも裁けないからな‥‥‥(;´・ω・)不能犯あつかいで厳罰にしなければいいじゃんとか思っていただけに、正直ワクワクします。

呪術と考えず、大逆レベルの犯行――——「テロ行為」や「偽札量産」、「大麻の大規模な密輸」「国家転覆」と考えると、疑わしい行為の時点で、何らかのルールに抵触して厳罰にされるかな?とも思います。

法律系ならガチ目に法的関係者に呪術の専門家がいて、
ちゃんと呪術してます!黒!!とか
してないしてない冤罪!白!!とか検死官の呪術バージョンとかがいるかもですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただ不能犯として、もう疑われた時点で黒認定される【魔女裁判】じみた面があるので呪術系の冤罪事件は難易度がハード超えてナイトメア級ですね‥‥。

ベタな物としては【告発者こそが呪詛を行っていた】とかのブーメラン展開なんですが、ベタすぎて面白くないし胸糞要素なんですよね(-ω-;)

 多少の胸糞要素は物語のスパイスだと思いますが「謀略で殺された皇后さまが成仏できず牢獄で地縛霊?」の時点で胸糞は充分だとも思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あー・・・・・皇后さまの投獄理由も蟲毒で、
彼女もまた冤罪を解くため、めっちゃ遠方にある『ただしい呪術のやり方』の秘伝書とか『呪術にかかっているか?を調べるための儀式のやり方』の秘伝書とかを取り寄せて

「ほら手順ちがうから妾は冤罪じゃ!!」

をしようとするも、納品が裁判までに間に合わず、そのまま有罪にされてしまった。とか?

今なら鉄道があるから、秘伝書を取りに行くのに昔ほど時間がかからないだろうし。牢屋の中で閉じ込められていた皇后さまに、生きている人間では見る事ができなかった「新しい時代」を見せてあげて欲しい。
 
なんか大事な歯車たりないですけど_(┐「ε:)_しっくりこなーい

真犯人の居ない(事件自体が起きていない)冤罪事件の立証方法は?の返信の返信 (No: 7)

スレ主 ドラコン : 1 No: 6の返信

投稿日時:

 >読むせんさん
 
 コメントありがとうございます。ドラコンです。
 
 皆さん、いろいろ案を出してくださり、本当にありがたいです。ただ、話が複雑になってまとめ切れる自信がありません。
 
 銀鈴の蟲毒疑惑も、「誰が蟲毒をやっているのか分からぬ」が気味悪がった女官たちから、「被疑者不詳」の告発状が何通も出される、との感じですかね。
 
 >今なら鉄道があるから、秘伝書を取りに行くのに昔ほど時間がかからないだろうし。
 
 今回は、後宮内の話なので、鉄道は出しようがないな、とは感じていました。字の文の中に、物価に絡めて鉄道運賃を紛れ込ませるのが、せいぜいかな、と考えていました。これなら、ある程度セリフの中に入れられますね。
 
 >牢屋の中で閉じ込められていた皇后さまに、生きている人間では見る事ができなかった「新しい時代」を見せてあげて欲しい。
 
 これは別の話にはなりますが、考えはあります。幽霊皇后の実家に連れて行っても良さそうですね(もちろん、列車で)。

真犯人の居ない(事件自体が起きていない)冤罪事件の立証方法は?の返信 (No: 8)

投稿者 通りすがり : 1 No: 1の返信

投稿日時:

蟲毒・呪詛を噂、存在しないとしちゃうのはもったいない。
実際に何者かによって計画され実行されてた事にしちゃいましょう。
裁判中にそれが濡れ衣だと立証して真犯人まであぶり出して、本来の罪である賭博罪を有耶無耶にしてすっとぼけちゃいましょうよ。

真犯人の居ない(事件自体が起きていない)冤罪事件の立証方法は?の返信の返信 (No: 9)

スレ主 ドラコン : 1 No: 8の返信

投稿日時:

>通りすがりさん

コメントありがとうございます。

>蟲毒・呪詛を噂、存在しないとしちゃうのはもったいない。
>実際に何者かによって計画され実行されてた事にしちゃいましょう。
>裁判中にそれが濡れ衣だと立証して真犯人まであぶり出して、本来の罪である賭博罪を有耶無耶にしてすっとぼけちゃいましょうよ。

構想している後宮の姿や、今回のストーリーとは反しますが、これがいちばん手っ取り早くて、無理がないですよね。

真犯人の居ない(事件自体が起きていない)冤罪事件の立証方法は?の返信 (No: 10)

投稿者 大野知人 : 1 No: 1の返信

投稿日時:

 お久しぶりです。若干掘り返すようですが、気になるので返信をば。
 コオロギは草食だから蠱毒をやるのは無理なんじゃ……。という無粋なツッコミはさておいて。

 一番手っ取り早いのは、『偽証』じゃないでしょうか。
 主人公が皇后である以上、権力者であって、それを追い落とそうとする『誰か』が居るはずです。
 作中設定にもよりますが、普通立場のある人間を裁判にかけるためにはそれ相応の手間がかかる訳ですから、『怪しいから裁判にかける』よりも『追い落としたいと思っていたら怪しい行動をしていたから裁判にかける』方が自然かな、と。

 逆に言えば、『蠱毒・呪詛』のリアリティを出すために、何らかの偽装工作をしている人が居れば手っ取り早い訳で。
 そこをネックにして、『全部まとめてこいつらの仕業だ』としてしまうのが手っ取り早いかなぁ。

 コメディ風にやるのであれば、
『胡散臭いインチキ呪術師が証人台に立って、「蠱毒が行われた形跡がない」という』→『そもそもこの呪術師が信用できないと却下される』→『次は胡散臭い動物学者が出てきて、証言』→『胡散臭いから却下』→『もう少しで有罪判決のタイミングで偽証の証拠が見つかる』

 とかですかね。

 ドタバタコメディーな裁判を考えられているんだったら、三谷幸喜の映画の『ステキな金縛り』を見ると良いかも。

 何かの参考になれば幸いです。

真犯人の居ない(事件自体が起きていない)冤罪事件の立証方法は?の返信の返信 (No: 11)

スレ主 ドラコン : 1 No: 10の返信

投稿日時:

 > 大野知人さん

 コメントありがとうございます。ドラコンです。

 せっかくコメントをいただいておきながら、こんなことを申し上げるのも心苦しいのですが、皆さんとやりとりをしていて、構想が結構変わってしまいました。

 大野さんも、プロット掲示板投稿分や、別件の創作相談掲示板投稿分もご覧いだだけたとのことで、お礼申し上げます。
「寿国演義 銀鈴、牢獄で幽霊と邂逅す」
 https://weblike-tennsaku.ssl-lolipop.jp/plot/novels/show/628
 
「出オチは是か? 非か?」
 https://www.raitonoveru.jp/counsel/novels/thread/13112

 >コオロギは草食だから蠱毒をやるのは無理なんじゃ……。という無粋なツッコミはさておいて。

 この箇所です。「コオロギを飼育していることが、蟲毒疑惑になる」ではなくて、「コオロギ採取のため、草むらをあさっているのが、『蟲毒用の虫集め』とのウワサになる」ですからね。
 
 やっぱり、冤罪を晴らすのは、法廷で真犯人か、誣告者を明らかにするのが、王道であり、手っ取り早いですよね。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

本文執筆で行き詰まらないようなプロット・キャラ設定の書き方

投稿者 三文山而 回答数 : 10

投稿日時:

 度々お世話になっております。三文山而です。  新作を応募する前にこれまで落選した作品二作を来年の三月ぐらいまでに一度書き直してみ... 続きを読む >>

SFについての勉強(ジャンル問わず)

投稿者 困ったおにぎり 回答数 : 8

投稿日時:

こんばんは、またこちらを利用させていただきます。 あれからおススメ頂いたSF小説やアニメ作品を見て、色々ネタをこねております。 ... 続きを読む >>

今のライトノベルについて

投稿者 mika 回答数 : 8

投稿日時:

今のライトノベルはハーレム学園ラブコメしか受けないのですか? 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:真犯人の居ない(事件自体が起きていない)冤罪事件の立証方法は? 投稿者: ドラコン

 ドラコンです。久しぶりに、コメディーモノで「鉄道が存在する中華風ファンタジー世界での、天性無邪気少女皇后」の話を書きたくなり、下記のスレッドを投稿しました。同スレッドに追記しても良かったのですが、話題が変わるのと、スレッドのタイトルを変えたいので、新規に投稿します。

「中華ファンタジーの過去ネタ焼き直しについて」
https://www.raitonoveru.jp/counsel/novels/thread/13039

 その中で、読むせんさんから、「コオロギ相撲賭博」「蟲毒・呪詛」ネタをいただきました。

 主人公の皇后(銀鈴)の、コオロギ採取・飼育の行動が怪しく見えて、後宮内で「蟲毒・呪詛をやっているのでは?」とのウワサ(ウワサ自体は自然発生的で冗談半分にしても)になる展開を考えています。

 銀鈴の賭博の処罰と、このウワサを否定することのために、皇帝臨席の公開特別裁判をします。その際、「蟲毒・呪詛」の事件自体が「起きていない」ことをどのように立証すれば良いのでしょうか? 『名探偵コナン』でもたまにありますが、創作物での冤罪事件は「真犯人を捕まえる」、言い換えれば「真犯人の犯行を立証することで、自然と冤罪が晴れる」です。現実には、時効で真犯人が不明でも、再審の結果、冤罪と認定されて無罪になることはありますね。

【存在しないこと】を立証するのは難しく、「悪魔の証明」ですよね。

 一応、「蟲毒・呪詛」に関するものはなかったことを示すために、押収した証拠品を傍聴人に見せることは考えています。ですが、身内が身内を裁くから、それに説得力があるのでしょうか? 逆に、「蟲毒・呪詛」を立証するなら、拷問にかけて自白を取れば済むことですが。説得力のある案があれば、ご教示いただけないでしょうか?

ただ、リンク先のスレッドでも書いたのですが、話がどれもこれも「ご都合主義」になりそうなのと、書くこと自体が恥ずかしいので、書こうか、書くまいかの気持ちが、半々です。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ