小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

変えられない生まれや環境を補うにはどうすればいいか(作者に嫉妬してしまう)の返信

元記事を読む

変えられない生まれや環境を補うにはどうすればいいか(作者に嫉妬してしまう)(元記事)

作品自体は面白いと思います。『指○物語』や『守○人』シリーズなど。しかし、作者を調べると、前者は言語学者(博士号)旦那は地理学者。そりゃ、独自の言語も作れるし、地図も作れるよねという。指輪物語はどう生まれたかのような本で読んだけれど、旦那に手伝ってもらいましたって書いてあったし。そういう作品の裏話。この作者はどう生まれたか、のような本を読むと、大学院行きました。(後者も、オーストラリアなどなどエスノグラフィーのために何度も足を運んだとかかれている)
 幼少期も親から本を読み聞かせてもらった。口承を伝えてもらった。食事を作ってもらった。古武術を習った(すべて後者)など、です。
 いや、中卒の作家もいるよ、ハ○ー・○ッターの作者は無職シングルマザーだよと来るでしょう。でも彼女は大学も出ているし、留学もしているし、幼少期はそれは素晴らしい幻想的な森の近くで暮らしています。

 いまさら学校に行くお金なんてないし、留学もできない。(お金の問題というより、現役時代にそれを後押ししてくれる、親の質、親ガチャの問題ですよね)
 自分の幼少期なんて本なんて読みやがって、賢ぶるな! などという親に育てられて本を読んでくれたことはおろか、家には5冊も本はなかった。本など買ってくれたこともない。食欲をかきたてるようなおいしそうな食事を作ってもらったこともない。親の家を出るまで既製品しか食べたことがなかった。そのわりに台所を使うことも禁じられて料理も覚えられなかった。近所に美しい森なんてなく、汚い住宅街で育った。
 ファンタジーあるあるの、おいしいご飯、美しい自然 親を敬って慎ましく暮らす、古きよき時代を感じさせる感じ? なんて到底自分には書けやしません。
 自分が書けるのは、親なんて全く尊敬しなくてむしろ愚か者だと思っていて、食べ物描写なんてなくて、そこらへんに生えている草や虫の名前なんて全く分からない、ファンタジーです。しかしそんなの読んで面白いか? って思うのです。
 作者についていろいろ言いましたが、ファンタジーを築いたなんて言われているくらいだから、やっぱり作品は面白いのです。王道は王道たりえるんです。自分が作るファンタジーはやっぱりまがい物です。
 絶対書けないのはやっぱり生まれや環境もあるんじゃないかと思ってしまいます。
 変えられない生まれや環境を補うために本も断言できるほどたくさん読んでいるし、映画も劇も見ていますが、やっぱりそんな努力では越えられない壁があるように感じます。別に指輪物語や守り人シリーズほど売れたい、有名になりたいってわけではないんですけど。そこそこすら叶わないのではないか、と重鎮たちを見ていると思ってしまいます。

 質問です。ファンタジー系を書く作家で、経歴があまりうらやましがられない人を教えてください。傷ついた心を慰めたいです。
 虐待ネタや貧困ネタを書くそれら過去を持つ作家もいるけれど、残念ながら自分は虐待されていないし自分には投資してくれなかったけれど貧困ではなかったので、(今では毒親とか経済的虐待とかあるけれど、他作品と比べると見見劣りします。他者に哀れまれたり、共感されたりするレベルではないです。中途半端な毒親育ちです)逆にそこまでいくとネタになるよね、というようなどん底作家も嫌です。
 良ければ、中途半端な不幸自慢をして、傷のなめ合いがしたいです。本当に心が折れそうなので追い打ちはかけないでください。

変えられない生まれや環境を補うにはどうすればいいか(作者に嫉妬してしまう)の返信

投稿者 大野知人 投稿日時: : 1

 微妙に蒸し返すようなことを言いますが。
 俺は根性論だと思いますよ。結局。
 体育家系の人たちが言うところの『やればできる』とは少し違いますが……。

 作家を志す人間の大半は『諦めたらそこで終わり』であり、『諦めねばいつまでも終わらない・夢を追いかけ続けられる』モノだと俺は考えます。

 それに対して、『そういう環境があった人の方が有利だ!』とか『自分はそうじゃないから不利だ!』と羨ましがること自体は自由ですが、結局書かなきゃ何も始まりません。

 確かに、太宰治が書く一年前に『走れメロス』と同じものを書いた人間が居たら文豪に成れたかもしれません。でも、それは仮定でしかない。実際には恵まれた環境もないし、偉大な先達がいるせいでネタにだって困ることも多い。
それでも、我々はラノベを書きたいからここで意見交換をしているのです。

 枝さん、しかさん。「傷ついた心を慰めたい云々」をおっしゃるならここでやるのはお勧めしません。ここにいる人間の半分以上は「大変だったね」をいう事は出来ますが、同時に「そっちの方向でいじけても前に進めないよ」と言う事しかできません。別にKYが群れを成しているわけではなく、ここのサイトそのものが『前へ進みたい人のためにある』からです。

 俺は『現状に不満を言って何とかなる・問題点が見つかる』ならいくらでもいいますが、『何ともならない・改善できる問題点がない』なら、『その悩み方は無意味だ』と言います。慰められたい気持ちはわからなくもないですが、それを望むならここでやるべきではありません。ここは便利ツールではなく『作家になるために前へ進む人が意見交換をして努力する場』です。
 そのうえで、俺は根性論を展開します。恵まれていない環境がある以上、それを上回る量の努力をするしか、方法はありません。他の方法があるというなら、考え方なり、才能なりがあるということで『環境に恵まれている』訳です。
 『諦めなければいつか叶うかもしれない』けど『諦めればいつでも終われる』のが作家志望です。俺個人としてはそこに『作家志望』であることの素晴らしさを感じますが、ただ単に『楽して成功したいと思っていたが無理だった』と言うならやめた方がいいですよ。
 怒りの感情以前に親切心で言います。『環境に嫉妬する』のをやめられない人間は既に『諦めている』のと一緒です。『嫉妬してもどうしようもない』と知らないならまだしも、それを知っていてなお嫉妬するのならそれはただの『諦め』です。根性のない人間にできることは環境が整っていないとできないナニカです。
 なので、俺は根性論を訴えます。やる気がある限り応援しますが、やる気がないならどうしようもありません。『やらなきゃ何ともならないけど、スランプでやる気が起きない』という人間相手なら俺は同情も慰めもしますが、『楽して何とかしたいけど、環境に恵まれない』とのたまうのなら、俺に言えることは何一つない。

 長文失礼。

カテゴリー : やる気・動機・スランプ スレッド: 変えられない生まれや環境を補うにはどうすればいいか(作者に嫉妬してしまう)

返信する!
コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「変えられない生まれや環境を補うにはどうすればいいか(作者に嫉妬してしまう)」の返信一覧

他の相談一覧

メンタルが万全でなくても小説書いていいか

投稿者 大沢 朔夜 回答数 : 4

投稿日時:

ラ研さんにはお久しぶりに顔を出します。 大沢朔夜です。 ここ半年ほどメンタルが不調であるため、小説執筆をお休みしています。 ... 続きを読む >>

妻妾同居の中での純情

投稿者 かもめ 回答数 : 3

投稿日時:

とある女子高生が、4歳年上の妻のある家庭に同居することになりました。 理由は家出さがしから、 援助交際にもし居場所を求められたら... 続きを読む >>

アンケート:これは逆恨みか否か

投稿者 ドラ猫 回答数 : 17

投稿日時:

貴方がタクシーを待っていると後ろに子連れの女性が並びました。そこで貴方は、母子に順番を譲ってあげることにしました。後日、女性と再会し... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ