小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

新人賞に落ちた時の立ち直り方 (No: 1)

スレ主 本居幸 投稿日時:

お久しぶりです、本居です。
突然ですが、人生で始めて応募した小説が一次落ちしてしまいました。自信作だったので非常に悔しいです。
初めてなので当然かと思いますが、やはり一次通過すら出来なかったと言うことは作品がつまらなかったと言う事でしょうか?
文章構成、描写共に能力不足だったとは思います。しかし物語としては自信がありました。
そこで質問です、作品の内容ではなく、能力不足で一次通過出来なかったと考えても良いのでしょうか? 単につまらなかったと面と向かって言われれば納得出来ますが、そう言う訳でもないのでどうしても能力不足を理由にしたいです。
また、1から構成し直し作品を作り直すのは意味があるのでしょうか? これも経験と受け入れ、次回作に力を入れた方が良いのでしょうか。
ご回答、よろしくお願いします。

カテゴリー: やる気・動機・スランプ

この質問に返信する!

新人賞に落ちた時の立ち直り方の返信 (No: 2)

投稿者 日暮一星 : 1 No: 1の返信

投稿日時:

 初めまして、日暮一星です。

 自信作と強く自覚しているほど、その熱もなかなか冷めにくいものです。冷ます方法としては切り替えて新作を書くか、落ちた作品を他の出版社の新人賞に回して落ち続けるという力業もありますが、後者は審査員関係者からやめて欲しいという声が強いです。
 一方、新人賞受賞者インタビューなどを見てみると『自信作ほど落とされる』傾向があるようです。これは個人的な持論ですが『自身が手がけてる作品に熱を持ちすぎると、客観的な考えができなくなるためにクオリティーが落ちる』と自分は考えています。

 前作の熱が冷めないまま新作を書くのはとても辛い作業ですが、かえって作品を冷静に見られるので、自分が思った以上に面白く書けたり、思いのほか結果を残せるかもしれません。本居幸様のご健闘を陰ながら応援しています。

新人賞に落ちた時の立ち直り方の返信の返信 (No: 5)

スレ主 本居幸 : 0 No: 2の返信

投稿日時:

自信作ほど落とされるなんて事あるんですね……
考え方を変えて新しい作品を書いてみようと思います。ご回答ありがとうございます。

新人賞に落ちた時の立ち直り方の返信 (No: 3)

投稿者 読むせん : 1 No: 1の返信

投稿日時:

せいぞんせんりゃく始めましょうか!!(笑)
==========================
①人生で初めて応募した小説が大賞に選ばれるってののほうが基本てきに異常なのは分かる?
受かるくらい情熱込めたものがそれだったの?ならまぁ・・・・落ち込でいいよ。

まず、②なにに応募しましたか?例えば一次でもいい所を褒めてくれたりする賞の種類もあると聞きます。そういった賞に応募した?

次に③どんなジャンルがその賞にふさわしいか、関係している文庫的にどんな需要がありそうかリサーチしてから応募した?
いまでもネタに上がりますが、【進撃の巨人】の作者は最初ジャンプに持ち込み作品を蹴られているそうです。ジャンプにはグロすぎるって理由で。
ちゃんと自分の小説ジャンルと賞のTPOをあわせたラインを狙いましたか?

>> 単につまらなかったと面と向かって言われれば納得出来ます
とのことなので、ラ研とかの長編に投稿し審議をたずねてみては?

新人賞に落ちた時の立ち直り方の返信の返信 (No: 6)

スレ主 本居幸 : 0 No: 3の返信

投稿日時:

今更ですが贅沢な悩みですよね(笑)
新人賞が狭き門だと知ってはいましたが、他人事のように考えていたようです。
応募先は好きなラノベの出版社に応募してしまったので、ジャンルが合っているかと言われるとNOです。
ただ、今は評価シートの貰える賞に応募し直しているので、その評価シートを参考に改善していこうと思っています。
ご回答ありがとうございました。

新人賞に落ちた時の立ち直り方の返信 (No: 4)

投稿者 ドラ猫 : 1 No: 1の返信

投稿日時:

ストーリーが面白いか(流行を意識し、読者にウケる内容だったか)
キャラクターに魅力はあったか(流行を意識し、読者にウケるキャラだったか)
・文章力(読者の心を動かすような書き方をしていたか)
・オリジナリティ
・同時代性(若い読者たちに受け入れられるか)
私が投稿している新人賞の話になりますが、↑の内容で評価をしています。
参考までにスレ主さんの落選作と上記の評価を照らし合わせていただき、自分に欠けていた部分などを見直してみてはいかがでしょうか。
私も去年送ったものが落ちてダメージが大きく、立ち直るのに1年ほどかかりました。上記の内容を意識して新作の執筆に移っていますので、お互い頑張りましょう!

新人賞に落ちた時の立ち直り方の返信の返信 (No: 7)

スレ主 本居幸 : 0 No: 4の返信

投稿日時:

書きたい物を書いていたので、流行も何も意識してませんでしたね……
商業向けではなく完全に趣味で描いた作品でしたので、間違いなくそれが悪かったのでしょう。
今度は万人ウケを目指して、新作に取り掛かろうと思います。ご回答ありがとうございました。

新人賞に落ちた時の立ち直り方の返信 (No: 8)

投稿者 ふじたにかなめ : 1 No: 1の返信

投稿日時:

結果、残念でしたね。お疲れ様でした。

新人賞で落選理由は人それぞれなので、作品を読んでみないと分からないことが多いですよ~。
面白くても落ちる理由ですが、思いついたのは、今のところ以下のくらいです。

以前、書籍デビューしている方がネットで公募の落選理由をちょっと書かれていましたけど、主人公が魅力的ではないと言われて落ちていたみたいです。
技術はあっても、キャラがカテゴリーエラーだと駄目なことがあるみたいですね。
ちなみに、私も恋愛の相手役の魅力について、指摘されたことがあります…。

他には、募集要項でエンターテイメントの作品を募集しているのに、エンターテイメントの作品になっていない(と下読みさんに評価された)ものは、たとえ面白くても選考は通過していない恐れがあります。

例えば、起きた出来事順に書いていき(時系列順)、結果的にドキュメンタリー的な作品になっている場合は、私の読書経験上では落選していることが多かったですよ。

ちなみに、なろうの自作で、一番ポイントの高い作品が、ネットの公募(タグをつける簡単な応募のもの)で、一度も一次選考通過したことがありません(;^ω^)
上記と同じ理由で、構成が悪かったからだと思います…。

私も4月に自作が落選しているので、多分夏くらいに送られてくる評価シートを楽しみにしてます(涙)。

あと、自作を忘れるくらい時間が経ったほうが、客観的に自作を見ることができるので、悪いところを直しやすいと思いますよ。

お互いに頑張りましょうね。
ではでは、失礼しました。

新人賞に落ちた時の立ち直り方の返信の返信 (No: 11)

スレ主 本居幸 : 0 No: 8の返信

投稿日時:

コメントをいただいて思い当たる節がいっぱいありました。
作中でも恋愛要素があったのですが、話の内容としては自堕落なヒロインがわがままから事件を起こして主人公が止める話なので……
めちゃくちゃドロドロした話です(笑) エンタメと言うより人間観察に近いですね。
私も評価シートが10月ごろに帰ってくるので、楽しみにしています。
次回作はもっと明るい作品を書かなきゃですね。ご回答ありがとうございました。

新人賞に落ちた時の立ち直り方の返信 (No: 9)

投稿者 アンデッド : 0 No: 1の返信

投稿日時:

質問に関しては前作を直しながら次回作も手掛けるのが一番ベストかと思います。
相乗効果が得られると考えられますので。
・前作の欠点や足りない所を見つけて次回作に反映
・次回作の良い所を前作に反映して改良
・双方向でお手本や反面教師や指針・方向性
三番目はまあ何でもいいんですが並行する方が直で目安になります。
けどこれが余り言われないのは実行力の問題があるからですね。心身共に実行するのが大変でしょうし。
逆に言えば実行の難度が高いものは実行出来れば成果も大きいかと。

最後に質問とは違いますが、立ち直れなかったらそれまでです。
逆に言えば立ち直れたらいずれ必ず一次通過できますよ!
厳しい事を言うと、小説を書いてる人は本居さん以外にも地球に何億人といますので、本居さんが立ち直る必要もないですからね。
そこで立ち直れずに「ああ、自分の作品は不要なんだな。書くのはやめよう」と思わされて、心が折れたら終わりです。
そしてそんな人達も今この瞬間に五万といて脱落していくのが現実なので。
本居さんが立ち直れるのをお祈りいたします。

新人賞に落ちた時の立ち直り方の返信の返信 (No: 12)

スレ主 本居幸 : 0 No: 9の返信

投稿日時:

厳しいお言葉ありがとうございます。意地の悪さだけが取り柄なので、むしろそっちの方がありがたいです(笑)
ドMではないですよ……?
私も他の作家さんや作家志望さんが沢山作品を手がける中で、自分にしか書けない作品を書こうとしていたので、それがダメだったのだと思います。
プロの方で前作と次回作が全く方向性の違う物語ではあるけど、どちらも面白い。と言うケースを多く見る気がします。
どんな話でも面白くするのがプロなんでしょうね。
私はまだ折れる気はありませんよ、いつか1次2次通過出来た時があったら、満足して辞めてしまうかもしれませんが……

最後に話が変わってしまいますが、もしかしてTwitterでも同名で活動していらっしゃいますか? フォロワーさんに同じ名前の方がいるので。

新人賞に落ちた時の立ち直り方の返信 (No: 10)

投稿者 ヘキサ : 1 No: 1の返信

投稿日時:

>一次通過すら出来なかったと言うことは作品がつまらなかったと言う事でしょうか?

そのへんの講座本では「一次二次は通っていないのと同じくらいに考えろ」と言っている著者もいました。運の要素も大きいそうです。

>文章構成、描写共に能力不足だったとは思います。

また他の意見では「一次選考は、落とすためにあるようなものなので少しでも欠点があれば即座に落ちると考えてもおかしくない」という見解もありました。ご自身で自覚があるのでしたら、逆に落ちていないほうがおかしいくらい、に考えていいんじゃないでしょうか。

>1から構成し直し作品を作り直すのは意味があるのでしょうか? これも経験と受け入れ、次回作に力を入れた方が良いのでしょうか。

私だと……次回作を優先しつつ、ある程度時間をおいてから前作の構成し直しも考える、にしそうです。仕上げてすぐの価値観では大して変わらない可能性もあるので。

ちなみに、ある新人賞の講座本では、受賞作家のコメントでは、少ない人でもだいたい5~6回くらいは落ちている、というお話だそうです。気にせずいきましょー。

新人賞に落ちた時の立ち直り方の返信の返信 (No: 13)

スレ主 本居幸 : 0 No: 10の返信

投稿日時:

少なくとも5〜6回は落ちるもんなんですね〜。
落とすための要素を上げろと言われたらゴロゴロ出てくるので、「お情けで一次くらい通しても良かったのに……」と言った甘い考えでした。
現在、他の賞に出して評価シート待ち&読み返して一文一文適切な文章か吟味している最中です。
新作についても構成を考え出しているので、立ち直るのは早いと思います。
ならこんな質問書くな! とお叱りの言葉を受けそうですが……
ともあれ、なぜダメだったのかよく理解出来ました。ご回答ありがとうございました。

新人賞に落ちた時の立ち直り方の返信 (No: 14)

投稿者 かにさん : 1 No: 1の返信

投稿日時:

私も自信作が一次落ちしたことあります、あります。
結果見る前に会社辞めてやろうと思ったくらい自信あったので、落ちたときはすごく落ち込みました。(私は性格自信家なので、そういうことがよくあるのですが)

で、そこから立ち直る方法ですが、新しい作品を書き始めるといいですよ。次作に本気で集中していくと、前作のことは案外自然と忘れていっちゃうものだったりします。

落ちた作品はずっと放置しておくといいです。半年から一年くらい経つと、それなりに冷静な目で読めるようになるので、その時、改めて分析をしてみてはどうでしょうか。

自信があった作品なら、完全にダメな作品であるわけがないと思います。でも、トゲトゲのレーダーチャートみたいに「一部分が良いけど、全体としてはどうだろう?」という作品だったのかもしれません。

私個人は、書き終えた作品には、あまり執着しないほうがいいと思っています。
公募に投稿した時点で、その作品は完成したのです。その時点での自分の全力を出し切って『完成した』と判断したから公募に出したはずなのです。なら、完成した作品にはそこで一区切りつけて、その時に学んだことを使って次の作品を作っていくほうがいいと思います。その方が新しい発見があると思います。

後、落ちた作品は、なろうやカクヨムとかに投稿するのもいいと思います。私も落ちた作品はそちらで供養しています。毎日更新したら、意外とpvついたり、レビューもらえたり、毎日読んでくれている人がでてきたりして「完全に悪い作品じゃあなかったんだなあ」と、自分の費やした時間に価値はあったんだと実感できたりします。

新人賞に落ちた時の立ち直り方の返信 (No: 15)

投稿者 ユウ : 0 No: 1の返信

投稿日時:

とある電撃文庫の大賞作品の話。前年は一次落ちだったけれど、ラストの部分を改稿すると翌年は大賞に選ばれた、みたいなことをどこかで聞いたことがあるような気がします。

その話が本当だった場合、やはり運なんかも絡んでくるんですかね?
そうすると必ずしも一次通過できなかった作品がつまらないとも限らないと思います。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

創作してぶつかる悩み

投稿者 みやき 回答数 : 16

投稿日時:

こんにちは、初めて相談いたします。 私は先日、創作小説を通信販売しました。初めての本だからなのか、人の評価が気になって仕方ないです... 続きを読む >>

「創作は競争ではない」はどこまでが真実でどこからが嘘なんですか?

投稿者 八木耳木兎 回答数 : 13

投稿日時:

前に他の作家さんの文章力が高すぎて嫉妬する、 という相談をネット上(ここではなく)でしたところ、 「気にしなくていいよ、別に物書... 続きを読む >>

原作レイプの被害を受けました

投稿者 鬼の王無惨 回答数 : 18

投稿日時:

どうも皆さま、お久しぶりです。マリン・Oと申します。 まず本題に入る前に一言断っておかなければいけないことがありますが、本日の私は... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:新人賞に落ちた時の立ち直り方 投稿者: 本居幸

お久しぶりです、本居です。
突然ですが、人生で始めて応募した小説が一次落ちしてしまいました。自信作だったので非常に悔しいです。
初めてなので当然かと思いますが、やはり一次通過すら出来なかったと言うことは作品がつまらなかったと言う事でしょうか?
文章構成、描写共に能力不足だったとは思います。しかし物語としては自信がありました。
そこで質問です、作品の内容ではなく、能力不足で一次通過出来なかったと考えても良いのでしょうか? 単につまらなかったと面と向かって言われれば納得出来ますが、そう言う訳でもないのでどうしても能力不足を理由にしたいです。
また、1から構成し直し作品を作り直すのは意味があるのでしょうか? これも経験と受け入れ、次回作に力を入れた方が良いのでしょうか。
ご回答、よろしくお願いします。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ